日本語

黒糖焼酎の紙パックをお取り寄せ!容器の種類と容量の違いを解説

徳之島の黒糖焼酎を取り扱う徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店では、紙パックタイプをご用意しています。

紙パックはほかの容器と比べて軽くて割れる心配もないので、取り扱いが楽です。また、価格もリーズナブルなので、ご自宅用としてお買い求めやすくなっています。
こちらでは、焼酎の容器の種類と容量の違い、重さ・価格・エコの観点から比較した結果をご紹介いたします。

ご自分用として紙パックタイプの黒糖焼酎のお取り寄せをお考えの方は、ぜひ徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店の通販をご利用ください。

紙パックタイプを取り寄せる前に知っておきたい!焼酎の容器の種類と容量の違い

様々なお酒の瓶

焼酎が入っている容器は、主に紙パックと瓶が使用されています。ほかにも様々な種類の容器があるので、焼酎の容器の種類や容量の違いについて知っておきましょう。

紙パック

紙パックの焼酎の容量は、1.8Lと900MLが主流です。180MLの商品も市場に出回っていますが、あまり見かけることはありません。

瓶入りの焼酎は種類も多く、酒屋やスーパー、量販店の酒売り場には多くの商品が並んでいます。

  • 1升瓶(1800ML)
  • 5合瓶(900ML)
  • 4合瓶(720ML)
  • ミニボトル(200~300ML)
  • ミニチュアボトル(100ML)

上記が焼酎の瓶の種類と、おおよその容量です。

ペットボトル

ペットボトルは、4Lの大容量のものが主流です。業務用や家庭用として使われており、好きな銘柄の焼酎があればお得に楽しめるでしょう。

陶器

陶器には壺や生き物をモチーフにしたものなど様々なデザインがあります。容量はそれぞれの容器によって異なりますが、デザイン性に長けているためギフトにおススメです。

焼酎には様々な容量の容器が用いられていますが、容器の違いによる保管方法の違いはありません。どの容器であっても、冷暗所で保存してください。また、焼酎には賞味期限がありません。直射日光を避けて冷暗所で保存すれば、時間が経っていても美味しくお召し上がりいただけます。しかし、メーカーによっては賞味期限を設定していることもあるので、賞味期限のあるものは期間内に飲むようにしてください。

紙パックと瓶を比較!重さ・価格・エコの観点からチェック

軽くて取り扱いが簡単な紙パック

黒糖焼酎の容器は、紙パックと瓶の商品があります。紙パックと瓶を重さや価格、エコなど様々な観点から比較してみましょう。

重さ

同じ容量の黒糖焼酎が入っている紙パックと瓶の重さを比べると、紙パックの方が断然軽いです。紙パックは軽いだけでなく割れる心配がないので、持ち運びなど扱いやすさも魅力です。瓶はデザインにこだわったものもあり、ギフトや手土産に向いています。

価格

価格は紙パックの方がリーズナブルといえるでしょう。紙と瓶では紙の方がコストはかからず、さらに軽いので輸送費も安く抑えられるのです。

エコ

エコの観点から紙パックと瓶を比較すると、どちらもエコだといえます。リユースできる瓶やリサイクルできる紙を使用していることがほとんどなので、エコの観点ではどちらも同じといえるでしょう。

徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店の通販では、様々な銘柄の黒糖焼酎を取り扱っております。ご自宅用や贈答用の黒糖焼酎の取り寄せをご検討している場合は、ぜひ徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店の通販をご利用ください。

紙パックの黒糖焼酎を取り寄せるなら徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店

黒糖焼酎の容器には、紙パックや瓶などが使われています。容量も様々なので、用途など目的に合わせて選んでください。黒糖焼酎は取り寄せも可能で、自宅用には軽くて取り扱いが簡単な紙パックタイプがおススメです。ギフトには高級感のある陶器や瓶を選ぶと喜ばれるでしょう。

徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店の通販では、徳之島の黒糖焼酎を取り扱っております。全国各地からお取り寄せいただけますので、ご自宅用・贈答用としてぜひご利用ください。

紙パックタイプの黒糖焼酎を取り寄せるなら、徳之島の黒糖焼酎専門店M's 本店へ

会社名 有限会社松永商事
店名 徳之島の黒糖焼酎専門店M’s
運営責任者 松永 俊也
住所 〒891-8321 鹿児島県大島郡伊仙町阿三1375−4
電話番号
メール amami-kanpai@t1.tokunoshima.net
URL https://tokunoshima-shochu.com/
営業時間 9:00〜17:00(平日のみ出荷)
取扱商品 酒類・食品・雑貨